お知らせ

2019年1月20日
2019年1月20日(日)鶴見区 浜の原木祭が行われました。
木彫会一同が参加し、滞りなく無事終える事が出来ました。
浜の地車は今年(2019年)完成の泉大津ー上之町につづき、日本産にこだわり、2022年の完成に向け木彫会一同一丸となって、町の方に喜んで頂ける地車作りに尽力させていただく所存です。

宜しくお願い致します。

-01

-02

-03

2019年1月1日
この度、2019年より岸和田木彫会の代表に木彫片山、会長に片山晃が就任いたしました。
何卒、一層のご支援ご厚誼を賜ります様お願い申し上げます。
2018年2月18日
大阪市鶴見区浜 地車新調決定いたしました。
2022年に完成予定です。
国産で製作させていただきます。
2016年3月12日
本日、3月12日(土)
羽曳野市 馬場町のだんじり大修理の入魂式が行われます。
誉田八幡宮にて13時から式典・14時からお披露目曳行です。

(彫刻請負) 木彫片山
(協  力) 岸和田木彫会    
2015年04月19日
本日(4月19日)、神戸市東灘区の本住吉神社宮本の西区地車が新調され、入魂式及び地車の御披露目がありました。
製作は、大工「植山工務店」、彫刻「木彫近藤」。
今まで、神戸型の地車が岸和田で製作されることは皆無でしたが、この度それが実現致しました。
特に、彫刻は岸和田木彫会の木彫近藤が、また岸和田木彫会から数名が助にまわり、純国産の彫刻となりました。
近年、地車彫刻の海外発注が多い中、全ての彫刻が日本で製作されたことは、非常に喜ばしく意味のあることかと思います。

岸和田木彫会では、4年後の泉大津上之町の地車新調に向けて動き出しておりますが、この地車も純国産の彫刻で新調されます。

現在、全ての新調地車の国産彫刻は難しい状態ですが、岸和田木彫会では、「出来る限り国産の彫刻で!!」というのが目標です。
「日本の祭で使われる地車は、日本人の手で作り上げる!!」これが我々の信念であり、これからも信念をもって各工房頑張って参ります。

写真
【神戸市東灘区 本住吉神社宮本の西区地車】

-01

-02

2015年1月1日
新年あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願い申し上げます。
2014年12月1日
【忘年会】
この度、岸田恭司会長が大阪府より「なにわの名工」を受賞されましたので、祝賀会も兼ねて忘年会を開催いたしました。
熱い議論を繰り広げ、結束力がより一層強くなった実りある忘年会となりました。

-01

2014年06月22日
泉大津 上之町新調決定(平成31年完成予定)

-01

2013年07月01日
ホームページを開設しました。
2013年04月01日
岸和田木彫会を設立しました。