賢申堂 | 彫師紹介

河合 申仁 河合 申仁 賢申堂のホームページ
賢申堂・紋

河合 申仁
昭和四十三年、岸和田城下浜方の中心である中町に生まれ、岸和田祭と共に育つ。
自町の地車の彫物(淡路・開藤太郎)に魅せられ、十八歳の時に淡路彫の伝統を受け継ぐ木下賢治師に入門。
その後、二十四年間にわたって賢治師が率いる木下彫刻工芸において、日々鑿を揮い木彫刻のイロハから、地車、太鼓台、社寺彫刻などの実践までを徹底的に叩き込まれる。

平成二十二年に独立を果たし、自身が生まれ育った中町で工房を構え、二十六年に岸和田城下町の中心、本町紀州街道沿いに工房を移転。
また、親方である木下賢治師より「賢」の一字を賜り、屋号を「賢申堂」とする。

飾磨、淡路、岸和田の地で育まれた先人たちの伝統の技に拘り、流行に流されることなく、絶えず古典的な手法に立ち返りながら、時が経つにつれて味わいが醸し出される彫刻を心掛けている。

代表作には、木下彫刻工芸時代に刻んだ、岸和田市宮本町土呂幕、大阪市生野区中川三枚板などがある。

■現在の彫刻請負

新調  姫路市大塩西之丁屋台露盤(平成28年)
新調  姫路市濱田南屋台(平成28年)
新調  姫路市的形町福泊屋台露盤(平成29年)
新調  神戸市東灘区住之江区地車(平成31年春)
新調  岸和田市土生瀧町地車(平成34年)

■過去の彫刻請負

大修理  堺市片蔵地車(平成24年)
大修理  泉北郡忠岡町仲之町地車(平成25年)
新調   堺市西地蔵会ふとん太鼓(平成27年)
新調   泉大津市我孫子地車(平成27年)

■賢申堂
岸和田市本町7-19
TEL:072-438-1068

彫刻01
彫刻02
彫刻03
彫刻04
彫刻05
彫刻06
彫刻07
彫刻08
彫刻09
彫刻10
彫刻11
彫刻12
彫刻13
彫刻14
彫刻15
彫刻16
彫刻17
彫刻18
彫刻19
彫刻20
彫刻21